Up

Jupyter間のプログラムの簡単な移動

 

Jupyter間のプログラムはファイル/フォルダーのコピー/貼り付けなどで簡単に行える。Jupyter取り込場合と、コピ場合に分けて説明する。

 

Jupyterへの取り込み

 

プログラムを含むフォルダ(ファイルだけの場合も同様であるので、フォルダの場合について説明する)を直接コピー・貼り付け(あるいは移動)すればよい。例えば、フォルダjptr_files(図A.1)のコピー・貼り付けの場合を考える。

A.1

 

フォルダjptr_filesの中身は図A.2のようになっている。

A.2

 

ファルダjptr_filesjupyterを起動するときのフォルダ内にコピー・貼り付けを行う(図A.3

A.3

 

A.3では、jupyterを起動するときのフォルダがv_envであり、そこに仮想環境用のフォルダmy_jが置かれている。

コピー・貼り付け後のフォルダv_envを図A.4に示す。フォルダjptr_filesが張り付けられていることが分かる。

A.4

 

A.4の状態でjupyter notebookを起動すると図A.5のようになる。

A.5

 

コピー・張り付けたフォルダjptr_filesが表示されているので、これをクリックすると図A.6のようになる。

A.6

 

NotebookのファイルMain.ipynbをクリックすると、図A.7の画面になる。

A.7

 

実行ボタンをクリックすると、図A.8のように実行結果が出力される。

A.8

 

上で説明したファイルjptr_filesは圧縮ファイルjptr_files.zipとして用意したので、利用者の責任において、ダウンロードして自由に試すことができる。

 

 

Jupyterからのコピー・取り出し

 

Jupyter Notebookのプログラムは、通常のファイルのコピー・貼り付けの作業でできる。

例えば、図B.1Jupyter Notebookのファイルはフォルダjptr_filesの下にある。

B.1

 

Jupyterのホームページでは図B.2のように表示される。

B.2

 

Jupyterを起動するときのフォルダー内を見ても、フォルダjptr_filesがあることがわかる(図B.3)。

B.3

 

このJupyter Notebookのフォルダ(あるいはファイル)は、普通にコピー・貼り付けができる(図B.4)。

B.4

 

コピー貼り付けした結果を、図B.5に示す。

B.5

 

 

Up