岡本安晴の

心理学C++プログラミングなど

本ウェブサイトのプログラムは、利用者の責任において、自由に御利用下さい。


書籍・論文など


Visual C++サンプルプログラム

 

C++Builder/Linuxサンプルプログラム

 

ベイズ データ分析

 

 パソコン(PC)は便利な道具であり、心理学においても実験や調査、データ分析、あるいはシミュレーションなどを行う上で強力かつ必須のものとなった。PCはプログラムで動くものであるので、PCの利用にはプログラムが必要である。これらのプログラムは、アプリケーションとして既存のものが利用されることが多い。しかし、新しく何かをやろうとするときは既存のアプリケーションでは満足なことができない場合がある。また、アプリケーションの中身がブラックボックス化されているので、理論通りの手順で処理が行われているのかどうか確かめられない。当該の理論に正確に対応した処理が行われているかどうかが問われた場合、答えようがない。

 しかし、汎用の言語、例えばC++によるプログラミングによって実験制御やデータ分析、シミュレーションなどのプログラムを作成することができる場合は、新しいことを始めるときにはそれに即したプログラムを用意することができるし、また、プログラムのソースコードを見れば、理論に対応したプログラムであるかどうかが判る。また、汎用プログラミング言語であれば、それ1つで幅広くプログラミングが可能である。

 「C++によるウィンドウ・プログラミングは難しい」という風評があるが、これは誤解の部分もある。Visual C++/CLRによるプログラミングは、他のプログラミング言語による場合と比較して特に難しいというのではないと思う。他の言語、例えばBASICであっても、プログラミングの内容によっては複雑怪奇なものになる。また、既存のアプリケーションの場合は、プログラミングの複雑な部分は隠されているのでユーザー・フレンドリーなものという印象がアピールされるが、隠されている複雑な部分の内容を確認したいとき、あるいはその複雑な部分を自分の目的に合わせて変更したいときは、無理である。

プログラミングにもいろいろなレベルがあるし、またVisual C++/CLRには豊富な機能が用意されているので、難しいプログラミングになる場合もあるが、やさしいプログラミングが可能な場合もある。上記「Visual C++サンプルプログラム」では、簡単なものを用意するように心掛けている。プログラムの目的によっては多少簡単ではないものになることもあるが。ともかく、プログラミングを始めるときは、簡単なプログラミングで経験を積んで、それらの経験に基づいて順次高度なあるいは複雑なプログラミングに進むことが重要である。

また、Visual C++とは異なったC++開発環境としてC++Builderを取り上げた。こちらはネイティブ・コンソール・アプリケーションが中心となるが、標準C++準拠のコンソール入出力プログラミング例を基本的なプログラミングとして取り上げている。もちろんC++Builderも、ウィンドウGUI(グラフィック・ユーザー・インターフェース)プログラミングに対応しているものである。

 重要なことは、ウィンドウ・プログラミングを例えば C++で出来るということは、自由と創造性の観点からいろいろ有利なことがあるということである。

注: Visual C++/CLRVisual C++/CLIの実装されたものである。仕様としてのVisual C++/CLIC++の拡張になっていて、参照クラス型などが用意されている。参照クラス型によって、ウィンドウ・プログラミングに必要なフォームとかボタンとかのコントロールが提供されている。


 

PythonJavaR

 

勤務先(日本女子大学)におけるホームページ